Smart

導入によって大幅なコスト削減が可能な人事労務管理システム

!

会社の業務はいたるところで電子化が進んでいます。変化の激しい市場で生き残っていくために効率のよいスリムな経営が求められ、これを実現するために業務処理をよりスピーディに行うことが必要とされているためです。人事・労務管理業務も例外ではないので、まだ文書による手間暇のかかる手順で実施しているなら、早期に人事労務管理システムを導入するのがおすすめです。
新しいシステムを導入する場合、社内では、導入を先導するグループとそれ以外のグループに分かれます。会社によっては、トップダウンで導入を指示される場合もあれば、関係部門がシステムのメリットに気づき、上申して導入を要請する場合もあるでしょう。いずれにしても、社内で、人事労務管理システムを導入することについてのコンセンサスを得ることが、スムーズな導入・運営のために必要となるでしょう。
その際、導入推進の立場であれば、是非人事・労務管理業務をペーパーレス化することによるコストダウン効果を強調しましょう。というのは、システム導入でどの程度のコストダウンが見込めるのか、数値で示す以上に説得力のある説明はないからです。書類の印刷に使うトナーや用紙のような消耗品費に加え、書類保管に必要なコスト、書類仕事に費やしている人件費などを詳細に算出して提示すれば、説得力抜群でしょう。

人事労務管理関連手続きの迅速化が可能なシステムを導入しよう

ハートマークを持った女性

書類を使って手続きを進めるのに比べると、電子的な処理で話を進める方がはるかに迅速です。今は、何事によらず、よりスリムかつスピーディにという時代です。特に人材不足による採用難を考慮にいれると、なるべく少ない人員で多くの業務をこなせる社内体制を構築する必要があり、そのためにも、一つ一つの業務をより迅速に行うことが求められています。人事・労務管理関連…

TOP