Smart

限られたオフィススペースを有効活用できる人事労務管理のシステム化

笑顔の女性

業界・業種によっては、業務上の記録をハードコピーの状態でファイリングした上で、規定の年数、保管する義務を負う場合があります。文書の書類によっては、保管期限も15年などと長期に渡るものもあり、そうした文書の量が多い場合は、外部倉庫と契約するなどして文書保管場所を確保しなければなりません。
そうした文書のために社内の保管スペースもなるべく多く割くためには、紙の使用を求められていない業務を極力電子化して、保管場所を取らなくて済むようにしたいところです。人事・労務管理に関連した業務などはまさにその典型で、人事労務管理システムを導入すれば、必要な手続き・申請業務の殆どをペーパーレスで処理することが可能になります。
例えば、従業員が何百人もいる会社の場合、その各々が有給休暇申請をするのに、一人一枚ずつ書類を作成しているとしたらどうでしょうか。休暇申請は年に一度ではないでしょうから、トータルでみれば、これ一つでも膨大な数の紙を使うことになります。システムを導入すれば、休暇申請から承認までのフローを電子的に行うため、保管すべき紙は一枚も発生しません。
業務上、多くの文書の作成と長期保存が義務付けられているなら、是非、人事労務管理システムを導入して、労務管理業務など、できるところからシステム化・電子化を進めましょう。

人事労務管理関連手続きの迅速化が可能なシステムを導入しよう

ハートマークを持った女性

書類を使って手続きを進めるのに比べると、電子的な処理で話を進める方がはるかに迅速です。今は、何事によらず、よりスリムかつスピーディにという時代です。特に人材不足による採用難を考慮にいれると、なるべく少ない人員で多くの業務をこなせる社内体制を構築する必要があり、そのためにも、一つ一つの業務をより迅速に行うことが求められています。人事・労務管理関連…

TOP