Smart

ペーパーベースの人事労務管理業務をシステム導入で効率化しよう

スマホをいじる

従来、会社で何かを申請する手順としては、申請者が申請書を起票し、それを承認・決済する権限のある部署や役職者に回して、捺印をもらうという方法が普通でした。こうした手順は、業界を問わず、その会社の収益の柱となる中核業務ではないため、改善の必要性が認識されないまま古いやり方で放置されていることが多いです。人事や労務管理まわりの業務については、このようなやり方にあまりにも慣れ切ってしまい、実は、この方法が多くの社員にとってかなりの負担になっていることは見過ごされがちです。
しかし、人事労務管理システムを導入すると、従来のペーパーベースのやり方がいかに非効率で、無駄な業務負荷になっていたかが明らかになるでしょう。システムを利用すれば、申請から承認・決済に至るまで、書類が会社のなかをあちこち移動して回る時間も必要ありませんし、途中で紛失して騒ぎになるなどのトラブル発生頻度も激減します。また、会社パソコンさえあれば、申請者や決済権限者がどこで仕事をしていようと、タイムリーに申請も決済もできるため、締め切りに対してゆとりをもって対応することができます。
人事・労務管理関連業務を大幅に効率化できる人事労務管理システム。是非、積極的に導入する方向で検討してみることをおすすめします。

人事労務管理関連手続きの迅速化が可能なシステムを導入しよう

ハートマークを持った女性

書類を使って手続きを進めるのに比べると、電子的な処理で話を進める方がはるかに迅速です。今は、何事によらず、よりスリムかつスピーディにという時代です。特に人材不足による採用難を考慮にいれると、なるべく少ない人員で多くの業務をこなせる社内体制を構築する必要があり、そのためにも、一つ一つの業務をより迅速に行うことが求められています。人事・労務管理関連…

TOP